第2回 一箱古本市無事終了

5/27(日)の第二回 天神さんで一箱古本市に2回目の参加をしてきました。心配されていたお天気も当日見事な快晴!…だったのはよかったのですがあまりにいいお天気すぎてお昼頃は店主さんたちみな暑さでぐったりでした(笑)参加された皆様お疲れ様でした。

当日のスペース
当日のスペース

今回はアンドーさんがお仕事で参加できなかったのでサトダ一人の参加でした。当日のスペースはこんな感じでした。

箱の中身は左半分が洋書(写真集とアメコミ)、右半分が和書(手作り本と雑貨本)でした。1回目の参加の時とあまり入れ替わっていないのですが、3割程度を雑貨本と写真集で補充していきました。箱の右側は当日の無料配布物です。

実は今回の目玉商品はこの本

 

 

 

だったのですが、準備でばたばたしている中早々にお客様に開店前にさらわれてしまい写真に残りませんでした。一番のネタ本があまり披露できず残念。 


 

そういえば今回、「洋書は解説が無いとぱっと見何の本か分からないから解説メモつけよう~」と思って準備していたのをすっかり忘れて持って行き損ねてしまい、せっかくがんばって作ったのに自分にがっかりです。その分もせめて口頭で本の内容を紹介しようとがんばってみました。

同じ場所で同時開催されていた天神市出店者さんから買った木製棚を早速ディスプレイに活用しましたw
同じ場所で同時開催されていた天神市出店者さんから買った木製棚を早速ディスプレイに活用しましたw

 今回お客様と本当に沢山の交流ができたのでそれが一番楽しかったです。最終的に購入につながらないケースも多いですが、自分の好きな本たちなので、開いて見てもらっていろいろと感想をいただけるだけでもとっても嬉しいのです。最初から「これどうせ売れないだろうな」と思いながら持って行っている本が多いっていうのもあるんですが(笑)うちの本棚で眠っているより、せっかくだから1人でも多くの人に見てもらったら本にとっても嬉しいんじゃないかなぁと思うので。

  

「この本探していたんだけど見つからなくて~」とイラスト集を買ってくれた大学生のお兄さん。イラスト集を全ページ何度も繰り返し見て悩んだ後で思い切って買ってくれた彼女。アメコミを気前よくまとめ買いしてくれたハイキング帰り(?)の県人会ツアーに参加されていた滋賀県の男性。「友達に会うついでに三重から来ました」という女性。

手芸好きの女性とは「材料は手芸やさんや大きめの百均で売ってますよー」とか「毛糸を使っても作れますよ」などなど本をはさんでいろいろ手芸話を。ほぼ日手帳本を買ってくださった方には「171沿いのダイソーにある手帳がすごい」と教えていただきました。

 

おばあちゃんが本を選んでいる間待っていた4歳のかわいい女の子のお客さんはしばらく椅子に座って看板娘も勤めてくれました(笑)アンパンマンのイラストを描いてお隣さんにプレゼント…。しばしほっこり。

 

彼女にとっても受けのよかったのが画像上のポーランドの絵本。たっぷり遊んでくれて私も「なるほどこの本はこのように読めばいいのか」ととても勉強になりました。4つなのに動物の名前全部知っててすごいなぁ。

 

本当に沢山の楽しい交流があり、参加できてとてもよかったです。両隣やご近所のスペースの店主様たちにも沢山お話していただきました。おかげで一人参加でしたが一日楽しく座っていられました。ありがとうございました。

無料配布物のおみくじは48種、MAPは40枚、青空文庫本は42冊持って行ったのですが、MAPは午前11時ごろに無くなり、青空文庫本はお昼頃、おみくじも2時頃には無くなりました。

楽しんでくださった皆さんありがとうございました

次回第三回古本市は11月4週目の3連休のどこかで開催予定だそうです。また都合がついたらぜひ参加させていただきたいと思います。