マンガお茶会とZINEのお店とピサンキの話

雑貨と関係ない話が続きますが古本市参加直後ということで本関連の雑談など。

マンガお茶会

 

 以前zakka3355の委託で御世話になった京都市役所近くの雑貨屋さん「パラ ルシルセ」さんで、先日戦前~戦後の少女漫画の歴史についてのマンガお茶会が開催されたので、参加してきました。講師のマット・ソーン先生はアメリカの方で最初はマンガに全く興味が無かったそうなのですが来日後お友達に萩尾望都作品を薦められた事で衝撃を受け、以後少女漫画を研究されるようになったとか。現在は精華大の講師を務める傍ら日本の少女漫画作品の翻訳をし海外での出版の助けをされています。お茶会では貴重な戦前の少女誌などを持ってきて下さり色々貴重なお話を沢山聞けました。他の参加者の方々とのお話もとっても楽しかったです!

少女漫画などお好きな方はこの後第二回、第三回も開催されますのでぜひぜひ~。(サトダは法事で第二回参加できそうにありません…しくしく)

→詳しくは「パラルシルセ」様のblog記事で。

第一回終了しました!マット・ソーンのマンガお茶会

マット・ソーン先生のサイト

 

Books DAN TALION

 つづいてZINEの話。大阪の梅田駅から1駅隣(徒歩だと約15分)の中崎町のサクラビルに、ZINEを専門に扱うお店「Books DAN TALION」というお店があります。中崎町は戦前の住宅が多く残っている下町で、最近そういった住宅をリノベーションした手作り作家や若い店主さんが開いた小さなお店が沢山集まっており、路地を散策するのがとても楽しい町で、ちょこちょこ遊びに行っていてこちらのお店も時々立ち寄っていました。本が好きなのでzineやリトルプレスにも興味があって、こういう普通の本屋で流通していない本の中から面白い本を探す楽しみがとてもあるのですが、古本市の翌日立ち寄ったらなんと「明日で閉店するんです…」との事。ガーンショック。最後の思い出にイースターエッグの紹介&作り方本を買って来ました。オンラインショップは引き続き運営されるとのこと。またどこかで再開されるのを楽しみにしています

→ピサンキの御本を作られた飯野夏美さんのサイトはこちら

CraftStudioKarakusa BY Natsumi Iino

BooksDanTalionさんから通販したい方はこちら